仮想通貨

バイナンスBINANCE日本語対応とVISAでの購入拡充で公言実現

投稿日:

 

 

 

 

 

 

日本語再度対応が始まったバイナンスBINANCEってなに?

 

Binance「ばいなんす」とは世界一の仮想通貨取引所として呼ばれ、取引高・登録者も多く、実績もあるので、私の周りも含めて、日本人でも活用してる人は多いですね。比較的安価な手数料で1日2BTCまでなら2~3分で出金可能でセキュリティも優れているところが手軽で安心なところです。取り扱いも2020年3月6日時点では175種類の通貨数で日本国内でもっとも有名なあのコインチェックは11種類なので圧倒的ですね。

 

 

 

Binanceが日本語対応また始めるって?

 

 

そんな超が付くほど有名なBinanceが日本語の対応を実際に18日から再開していました。2020年1月には一度日本在住の取引を閉鎖する噂も流れていたため日本人としては気が気じゃなかったのですが、わざわざ閉鎖する国の言語を一旦取りやめてから再度取り扱うことは通常なら考えにくいので、一安心というより、むしろ期待大といったところでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

BinanceでVISAでの仮想通貨直接購入を拡充

 

 

Binanceは、ほぼ全世界の仮想通貨のユーザーがVISAデビットカードやクレジットカード活用し直接仮想通貨を買えるようになると発表されました。欧州や一部地域ではVISAカードで仮想通貨を直接購入することが可能でしたが180か国に拡大すると今回発表されました。アジアが22日以降とのことなので日本ではそのあたりからでしょうか?VISAカードで購入した仮想通貨が数秒内にBinanceバイナンスアカウントに入金されるそうです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

タイミング的にはアフターコロナでの拡充にはなっていましたが、本来なら実施される予定だった東京でのオリンピックも見据えていたのではないでしょうか?また9月に半減期を迎えるモナコインが先月より高騰を見せているあたりも日本国内への再チャレンジの要因にもなっているという声も上がっています。いくら規制が厳しいといえ取引所の運営側からすれば日本という国が市場として切り捨てるのはもったいないですからね。

 

 

~噂で勝って真実で得る~

 

よたさくでした。

 







-仮想通貨

Copyright© 与多作のブログ , 2020 All Rights Reserved.