仮想通貨

トランプ大統領のビットコイン対策は『追いかけろ』新型コロナとの相関

投稿日:

 

 

 

 

 

 

トランプ政権暴露本よりビットコインの対策とは?

ジョン・ボルトン前アメリカ大統領補佐官のトランプ政権のいわゆる暴露本が出版されるそうだ。タイトルは「The Room Where It Happened」その内容によると、2018年にトランプ大統領は財務長官のムニューシン氏にビットコイン対策を講じていたらしいです。washingtonexaminer(アメリカ政治誌)が事前に本の内容をリーク。

 

 

 

 

 

トランプ大統領もムニューミン氏も立ち位置は同じ?

マネーロンダリング、サイバー犯罪、違法行為、はたまた人身売買に仮想通貨が悪用される可能性を示唆していて、トランプ大統領とほぼ同じ意見のようですね。トランプ大統領も2019年7月にFacebookのリブラに対し不正取引の懸念に言及していました。また「私はビットコインのファンではない」ともツイッター上で表明していました。

 

 

 

 

 

 

「ビットコインを追いかけろ」

2018年5月、対中国の貿易問題についての協議の中で中国側の関税問題に着目してのことだそうです。当時、株式市場にも多大な影響を及ぼした「米中貿易通商交渉」に対するトランプ大統領のビットコイン対策と言えそうです。そのなかでトランプ大統領が中国の「ビットコインを追いかけろ」と指示した模様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナのパンデミックとビットコインの相関

今年の3月にNYダウなど株式市場のリスクオフ志向が顕著になり、よりいっそう仮想通貨市場が相関の傾向を示していました。株式市場や先物と仮想通貨市場は切り離して考えられず、ポートフォリオとして魅力的な立ち位置を得られそうです。

中国や米国で新型コロナウィルス「第二波」警告が懸念されてNYダウが落ち込みビットコインも弱含みを見せたほか、東京株式市場でも円高・ドル安が進行。一時12000ドル越えを期待されていたビットコインも停滞し株式市場と横ばい状態。

 

 

 

~噂で勝って真実で得る~

よたさくでした。







-仮想通貨

Copyright© 与多作のブログ , 2020 All Rights Reserved.