未分類

【企業教育で注目】Ed Tech(エドテック)|eラーニング以外の最新効果

投稿日:


「AI教育」の画像検索結果

企業の教育で大注目Ed techとは

 

EdTech(エドテック)とは

Education(教育)と

Technology(テクノロジー)

 

 

 

を組み合わせた造語です。

EdTechは進歩を続ける

テクノロジーの力を使って、

 

 

教育にイノベーションを起こす

ビジネス領域として世界中で

注目を集めているのです。

 

 

例えば、子供向けの知育アプリを

提供するSmart Educaitionや、

小中高生向けの教育をサポート

 

 

するスタディアプリ

社会人向けでは英会話や

プログラミングといった

主に実践的なスキルが身に

 

 

 

つけられるschooやUdemy

があります。EdTechには

いろいろな教育に関する

 

 

革新的なサービスが

広まっていて

大注目を浴びています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

eラーニングとの決定的な違い

日本でも、以前から教育ICT

と呼ばれる取組みがスタートし、

eラーニングという言葉も

 

 

 

わりと一般的となりました。

Edtechもeラーニングも、

教育×IT分野という意味では

 

 

 

ほとんど同じであり共通点も

あります。

しかし、両者の決定的な違いは

 

 

 

Edtechが進化続けている

インターネットを

プラットフォームにしている

 

 

 

という点です。

Webサービスや

クラウド技術の

 

 

 

 

発展によって、

学習サービスの

IT化がより

 

 

低コストで

実現できるように

なった点が大きい

 

と言われています。

 

 

 

優れたEdTechスタートアップ企業を選ぶ、世界最大規模のコンペティション

「The Global EdTech Startup Awards」は、

世界70カ所の国・地域から650社以上の

EdTechスタートアップ企業が参加する、

 

 

 

世界最大規模のコンペティションです。

 

大会では2017年における最も有望な

EdTechスタートアップ企業を表彰する

 

 

 

とともに、「技術革新」

「読み書き能力の向上」

「人工知能(AI)」

 

 

の3つのテーマにおける

優秀企業に特別賞が

贈呈されます。

 

 

 

今回初めて開催された

日本予選は株式会社EduLabが主催しています。

同社取締役副社長 の和田周久氏は

 

 

「国内から海外につながるEdTech

関連のイベントはこれまで少なかった。

しかし、

 

 

日本にも海外で通用する

EdTech企業がたくさんある。

そんな折、GESA本部からの

オファーを受け、開催に至った」

 

 

と話しています。

 

eラーニング以外のAI・音声認識・ロボット技術の最新教育効果

2014年~文科省、

経産省でプログラミング教育の

方向性を示された

 

 

今後、AIの技術教育は

必須で効率の良い

学習効果への期待

 

 

ますますEdTechへの注目が

集まることは間違いありません

ロボットが教育の役割を担い

 

AI自体が教育をより

効率よく学習できるよう

方法を提唱していくであろう

 

そしてバーチャルな

リアルタイムで世界中

どこにいても

 

 

同時で翻訳もされる

授業が行われることも

遠い未来では

 

無いのでしょう。

 

与多作でした。

 

 







-未分類

Copyright© 与多作のブログ , 2018 All Rights Reserved.