仮想通貨

そもそも お金とは¥¥¥$€元㌷

投稿日:2018-09-02 更新日:

お金はおっかね~オッケー

お金って

すごいですよね

なんでも買えるし

買えないものの方が

少ないのでは・・・

人の心、生死位しか思いつかない

心はある程度操ることまでは出来そう

寿命も無理やり

伸ばすことは出来るかな

現代の社会において

生活する中で

必要不可欠な

サービスやモノを

手に入れるための

媒介ツールとして

 

世界共通の

 

最高で

最強で

最恐の

媒体が

お金です♪

大昔から

お金そのものは

そな金属や紙に対して

人々が価値を意味づけて

必要性を持たせ

 

 

風景や人物建物や文字、文様や絵柄が

刻印・印字された物体を指します。

 

便利に

安心性を

持たせ

使用することが

出来る社会が

現代社会の象徴です。

金属や紙が無かった時代には

物々交換が主な

方法でしたが

ことに

食物に関しては

 

保存方法も

未開発のため

交換相手が見つからなかった際は

腐敗してしまい

 

そのものの価値が

 

無くなってしまいます。

 

交換したい人たちが集まる

市場が生まれたのは

 

そのためでした。

 

結果

 

交換したい人が見つからず

交換したいものが無駄になってしまう

 

ということが

減少するように

なったのでした。

 

物々交換は

 

それなりに

 

発展はしましたが

 

いつでも

交換相手が

必要とする

モノ

タイミング

手に入れられる

もっと

 

便利な

方法は無いのかと

考えられました

主に

腐らないもの

貝殻・稲・塩・胡椒の実

などなどが

媒介として

 

活躍し始めました。

 

物々交換⇒市場⇒媒介品

 

交換媒介として

 

軽素で

 

長期保存が

 

きき

 

壊れにくいもの

 

は無いかなと

 

試行錯誤

 

された結果

 

出来上がったものが

 

今の

 

お金にあたる

金貨や銅貨、銀貨といったものでした

 

その後

 

より

 

利便性の向上のため

 

紙幣も生まれたのでした。

 

物々交換⇒市場⇒媒介品⇒硬貨⇒紙幣

 

経済上のお金の定義

  • 価値としての尺度
  • 価値の保存
  • 交換の媒体

の3つが定義づけられます。

 

・価値の尺度とは?

私たちが購入したモノ(商品)に対する価値を言います。

この場合の尺度とは

日本国民が

一人しかいなく

たった一人で

生活が

不自由なく

成り立って

いるのならば

当人で

尺度

そのものを

決定づけることが

可能です

たった一人で

 

国やコミュニティーを

成立することは

難しく

必要とする

商品と人との

総評で

価値としての

尺度は

生成されるのです。

 

大量生産された

ものが

 

何千円もする

 

といったことは

 

なく

 

牛乳1パック

卵1パック

おおよその値段が

ほとんど

変わらず

決まっている

 

そのことが

 

価値の尺度

といえます。

 

それらが

 

昨日、今日

 

決められたわけではなく

 

年月と経験則を

積み上げられ

その時代と状況で

作っていく

価値の記録とも言えます

それらを

ずっと

覚えていくので

価値の記憶

でもありますね

すりこみすりこみ

与多作でした。







-仮想通貨

Copyright© 与多作のブログ , 2018 All Rights Reserved.