仮想通貨

XRP2019の動向いくら?(バイナンス他上場最新情報)

投稿日:


仮想通貨年末爆発するの?

 

 

月初めに翌月の仮想通貨に

関する価格予想を発表して

いるイギリスの比較サイト

 

 

「Finder.com」が、2018年12月

の価格予想表によると、ステラと

カルダノ価格が最も伸びると予想

 

 

され、続きビットコインとなり、

成長率は81%で$6,778(764,649円)

まで回復が見込まれると予想

 

一方注目のリップルはMuneeb Khan氏

(1月1日時点価格予想:0.35ドル[約39円])

XRPは他の主要な仮想通貨に比べて、

 

最もよく耐えた。今年の終わりまで、

0.35ドル(約39円)を維持し続けると予測している。

もしそうならなければ、価格は0.25ドル(約28円)

 

 

になると思う。と予想し、Miko Matsumura氏 は

(1月1日時点価格予想:0.50ドル[約56円])

XRPは中央主権的であると批判する声もあるが、

 

 

 

私は全く問題ないと考えている。と予想。

いずれも12月初の予想でした。

 

 

バイナンスが発表したニュースの内容は?

 

 

バイナンスのCZ(ジャオ・チャンポン)氏

よりクリスマスプレゼントが届きました。

バイナンス社が正式にXRPのリップル基軸の

 

 

マーケットの公開と取引ペアの公開を

発表しました。これによりクリスマス前

からの相場もけん引していて日本での

 

2019年仮想通貨市場の好材料の一つ

と言えます。

 

 

その他XRPの好材料は?

 

 

BITDAYSによれば、かねってから

リップル者側も願っていた米国

最大取引所のコインベースへの

 

 

上場が間近に迫っていることと

Biboxへの上場が開始されている

(取引ペアは、XRP/BTC、XRP/ETH)

 

 

という2点が主なポジティブ材料。

 

懸念事項~XRP訴訟問題

 

 

リップル社は有価証券(株式や債権のような、

それ自体が財産的価値を有するもの)として

の届け出を出さずにXRPを発行したことや、

 

 

CEOやリップル社がXRPの価格を操作して

いる疑いなどで100人以上から集団訴訟

されているといいます。

 

 

リップル社側は「集団訴訟の原告が

地理的に離れているため州レベルの

裁判所で裁判を行うべきではない」

 

 

主張し、連邦裁判所での訴訟を取り決め

これによって、州立裁判所から連邦レベル

の裁判所に移管されたことが明らかになりました。

 

 

結論は未だですが、リップル社がうまく進出して

いくには技術だけでなくこういう問題に対する

対処も重要になっていきます。

 

 

まとめ

 

しばらく燻っていた市場を

このプレゼント砲がある程度

年末の特需をけん引していくと

 

 

あらゆる投資家が期待して止まない

懸念事項があることを考慮し一旦

仕掛けてポジションを取っていく

 

 

といった動きがみられますね。

あー久々に明るいニュース♪

メリークリスマスでした。

 

 

 

~噂で勝って真実で得る~

与多作でした。

 







-仮想通貨

Copyright© 与多作のブログ , 2019 All Rights Reserved.