仮想通貨

ETF申請によりビットコインは世界通貨の一つと認定?!

投稿日:


ビットコイン含むETFがSEC(証券取引委員会)に申請?

 

 

ビットコイン先物を含む新たな
ETF商品が、
米国のSEC(証券取引委員)に
申請されました。

 

 

このたび
申請された商品はというと、
BTC(ビットコイン)先物を含
む商品であって、

仮想通貨と法定通貨を含んだ、
世界的に取引されている通貨への
クスポージャーを可能にする
ものとあります。

 

 

主に価値の保存、FX取引、
国際送金などに期待。

 

注目すべき点は、
BTC(ビットコイン)
を世界通貨の一つとみなして

ビットコインを日本の円やアメリカ
ドルとともに、Global Currrency
つまり世界通貨と評価することで、

先物とはいえど、ポートフォリオの
一部に組み込まれることです。

 

今までも幾度とETFの申請に一喜
一憂し、踊らされてきた相場、
いよいよ本格始動と
なるのでしょうか?

 


 

そもそも相場の動向とは、常に大口
の投資家が関係を担っているのです

 

そのタイミングを左右する一つが
ETFの申請の可否といわれ大変注目を
集めているのです。

 

 

 

再度、ETFとは・・・

 

 

日本では、証券の価格が日経平均株
価やTOPIX平均など主な株価指数に
伴い連動していくように作られてい
て、

すでに上場も果たしている商品の
ことで、証券取引所で取引が
可能な投資信託のこと。

 

株式同様に、貸借取引・信用取引が
可能で株価に相当する受益証券が
投資家に向けて発行される。

 

仮想通貨時価総額1兆円アップはETFの影響?

 

CoinMarketCapによると
仮想通貨全体の時価総額が1兆円
ほど上昇しました。

 

明らかにこの要因の一つが
SEC(米国証券取引委員会)の
コミッショナーによる

「最終的にはビットコインETFは
承認される」
と発言したことがあげれます。

 

短時間の上昇という一角に注目する
と仮想通貨市場もまだまだ投機的に
投資家からかなり注目を集められて
いるのがわかります。

 

一方、大口案件により相場自体は
操作されている可能性は視野に
入れておくのが定石です。

 

常に噂があれば上昇し、
真実の落胆で下落するのが
セオリー中のセオリー。


 

〜噂で勝って真実で得る~

 

よたさくでした。







-仮想通貨

Copyright© 与多作のブログ , 2019 All Rights Reserved.