ブログ

しゃべるな聴け!!~売れる営業の初手

投稿日:


営業マンが最初に陥る壁

営業経験の浅い、

商談の場数が少ないヒトが

陥る

 

売りたいが為に成績を出したい

まじめな営業マンほど陥る

努力の結果

 

 

自分がひたすらトークを繰り出す

マシンガンズ

相手はそれを口撃と捉え

 

 

売れず、会えず

敗北を喫す

コミュニケーションの場合も然り

 

 

つまり、それらを避けるのに

ぜひ

励行したいのが、

 

 

商談やコミュニケーションの多

くの時間に使いたいのが

傾聴 と 質問

 

傾聴と質問の違い

どちらも

きく

聴くと訊く

 

「聴く」の画像検索結果

 

 

絶対的な数値基準はありませんが

相手に6、7割程度の時間をしゃべってもらう

ことを

 

 

推奨されているようです。

この効果は

相手が

 

 

「言いたいことが言えた」

という感覚や

「話を聞いてくれる人、また会いたいな」

 

 

という印象を持ちはじめるようです。

質問を多用する=コーチングのテクニック

いきなり解答を与えるのではなく、ヒントを与え

 

 

るに敢えて留めることで、自分自身で解答に至る「聴く」の画像検索結果

プロセスが重要だそうです。

 

 

 

一見、回りくどく無駄に感じるこの流れが、手に

 

 

 

した解を自分の物にし得るのです。

いきなり解答を教わった場合は、ほとんどその内

容を直ぐに忘れてしまう傾向にあります。

 

 

 

但し、相手の理解力や状況をキチンと把握してか

ら投げかける質問レベルを調整するようなテクニ

ックも磨く必要があり、容易ではありません。

 

 

 

故にリターンが大きい気がします。

リターン=効果

効き目・・・効け

 

 

「話をきく」や「音楽をきく」などと言う場合の「きく」の書き方に「聞く」と「聴く」がありますが、この場合の表記の使い分けはどのようにすればよいのでしょうか。

 

ただ単に「きく」場合は一般に「聞く」を使い、注意深く(身を入れて)、あるいは進んで耳を傾ける場合には「聴く」を使います。「音楽を聴く」「講義を聴く」

「聞」と「聴」の漢字の意味の違いについて、国語辞書は次のように記しています。

  • 『日本国語大辞典』(小学館)・・・【聞】(ブン・モン)音を耳で感じ取る。自然に耳に入ってくる。聞いて知る。【聴】(チョウ)聞こうとして聞く。注意してよく聞く。「聴聞」「傾聴」
  • 『広辞苑』(岩波書店)・・・広く一般には「聞」を使い、注意深く耳を傾ける場合に「聴」を使う。
  • 『類語国語辞典』(角川書店)・・・「聞く」は、音や声を耳に感じ認める意、「聴く」は、聞こえるものの内容を理解しようと思って進んできく意である。

このような意味の違いをもとに、日本新聞協会の『新聞用語集』は表記の使い分けを以下のように示しています。

  • =聞〔一般用語〕うわさを聞く、聞き捨て、聞き流す、聞く耳持たぬ、話し声を聞く、物音を聞く
  • =聴〔特殊用語。身を入れてきく〕聴く(音楽・講義・国民の声などを-)
    〔注 「聞」「聴」は、きく態度によって使い分ける。どちらでもよいときにはなるべく「聞」を使う〕

また、「聞き入る」「聞きただす」「聞きほれる」「聞き耳を立てる」など複合語の場合は一般に「聞」を使います。

ところで、雑誌などでは「尋ねる」「問う」の意味にあたる「道をきく」や「都合をきく」などの表記が、「訊」(シン・ジン)の「訊く」という文字が使われていることがあります。しかし、この字は表外字(常用漢字表にない字)で、放送では「聞く」または「きく」と表記します。







-ブログ

Copyright© 与多作のブログ , 2019 All Rights Reserved.